知ってるだけでほんのちょっぴり、500円分くらい得した気分になるニュースやネタの裏側を紹介

  1. イベント
  2. 147 view

大火事があっても行われた歴史ある祭り『お水取り(東大寺二月堂修二会)』がスゴい!

みなさんは東大寺二月堂修二会の「お水取り」という行事を聞いたことがありますか。

2018年のお水取りで連続で1267回目のお水取りが行われます。

平安時代に始まったお水取りは、大火事で伽藍が焼け落ちた時も一度も休むことなく続けてこられた歴史のある仏教行事です。

今回は大人気の東大寺二月堂修二会のお水取りをご紹介します。

 

お水取り(東大寺二月堂修二会)はどんな祭りなのか?その歴史は?

東大寺2月堂の「お水取り」とは奈良県東大寺2月堂で毎年行われる仏教の行事です。

「お水取り」の正式名称は修二会(しゅにえ)、修二月会(しゅにがつえ)、修正会(しゅしょうえ)と呼ばれています。

修二会は奈良時代に日本全国の主要なお寺で始まりました。

そして東大寺二月堂で行われる修二会のことを通称「お水取り」と呼ばれるようになります。

ちなみに薬師寺で行われる修二会のことを通称「花会式」と呼ばれています。

修二会の本行は毎年3月1日~3月15日まで行われ、「お水取り」自体の行事は12日の深夜、正確には13日の午前1時過ぎから始まります。

お水取りを行う意味は、観音様にお供えする香水(こうずい)をくみ上げる行事です。

お水取りが始まるようになったわけは、実忠和尚が全国13,700以上の神々の神名帳を行法中に読み上げほとんどの神々はお越しになられました。

ところが若狭国の遠敷(おにう)明神だけは、釣りをしていてこられませんでした。

遠敷明神は遅れた詫びに道場のほとりに仏様にお供えする香水を奉ることにされ、大きな岩の前で呪文を唱えられると岩が割れ清らかな水がわき出ました。

実忠和尚はその水をくみ上げて十一面観音様の前に供えた事から、お水取りの行事が今日まで続くきっかけになったといわれてます。

お水取りは1267年の歴史があります。

またお水取りが終わらなければ春が来ないといわれるほど奈良の人々にとっては、冬の終わりを感じさせてくれる大切な行事です。

 

お水取り(東大寺二月堂修二会)の日時・場所・アクセス方法

こちらでは2018年の東大寺二月堂修二会、お水取りの日時、場所、アクセス方法についてご紹介します。

日時(毎年3月1日~3月15日に修二会の本行が行われます)

◇修二会本行:2018年3月1日(木)~ 3月14日(水)

◇お松明:1日~11日、13日19時から・12日(月)19時半から・14日(水)18時から

※一般にテレビや動画で紹介されている「お水取り」は3月12日(月)のお松明のことを指しています。 

◇お水取り:3月13午前1時から

[aside type=”warning”]実際の「お水取り」とは3月13日の深夜1時に水を汲む行事の事をさします。[/aside]

◇満行:3月15日

 

お水取り(東大寺二月堂修二会)の開催場所

◇奈良県奈良市 雑司町406-1 二月堂

 

お水取り(東大寺二月堂修二会)へのアクセス方法

◇徒歩でお越しの方

近鉄奈良駅→徒歩(約20分)→東大寺2月堂

◇電車・バスでお越しの方

JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」→市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車→

徒歩(5分)→東大寺2月堂

◇車でお越しの方

名神高速道京都南IC→京奈和自動車道経由(約60分)→東大寺2月堂

京奈和自動車道木津IC→南へ(約7km)→東大寺2月堂

第2阪奈有料道路宝来IC→東へ約(8km)→東大寺2月堂

西名阪自動車道天理IC→R169経由北(約10km)→東大寺2月堂

 

お水取り(東大寺二月堂修二会)での駐車場

◇奈良県営大仏前駐車場(有料)
奈良市水門町南院畑82(南大門南側)
TEL/0742-22-5025
*観光バス優先駐車場

◇GSパーク東大寺西大門駐車場(有料・無人)
奈良市押上町6-1
*18台

 

 

お水取り(東大寺二月堂修二会)の見どころや楽しみ方

ここで「お水取り」の見どころや楽しみ方をご紹介します。

「お水取り」には「お松明」という見どころがあります。

お松明(おたいまつ)

おそらく東大寺二月堂のお水取りがここまで有名になったのは、テレビや動画で頻繁にお松明の映像が流されたからではないでしょうか。

お松明の起源は人々に代わって罪を懺悔して、天下泰平や五穀豊穣を祈る行事を執り行う11人の練行衆(れんぎょうしゅう)が夜の行事をする為に始められました。

東大寺二月堂の暗い廊下や階段を照らす為に最初は普通に片手で持てるほどの小さな松明でした。

ところが江戸時代から松明が大きくなります。

童子と呼ばれる練行衆の手伝いをする僧たちの重要な見せ場になった為段々大きくなりました。

お松明の行事は一人の童子が練行衆がお堂に入る前に、松明をかざして歩きます。

そしてお堂に入られた後にその松明を堂の舞台の上で走りながら振り回します。

このお松明から飛び出る火の粉が凄まじく初めて見る人なら度肝を抜かれるほどの迫力です。

お松明の火の粉には無病息災などのご利益があり、舞台の下には大勢の観客が押し寄せます。

また信者の中には火の粉の燃えカスを持ち帰り護符にする人もいるそうです。

ちなみにお松明の大きさですが平日は全長7m重量40㎏です。

そしてテレビで放映されている3月12日の籠松明(かごたいまつ)の日には、一回り大きな全長8m重量70㎏の松明の先の部分にカゴを巻きつけたような大きな松明が使われます。

 

お水取り(東大寺二月堂修二会)にツアーはあるのか?

こちらではお水取り(東大寺二月堂修二会)のツアーについてのご紹介をします。

関東、東京23区から奈良へ

◇プラン名:『案内人と訪ねる春めく飛鳥路へ 東大寺二月堂「お水取り」2日間』【羽田空港出発】

旅行会社:クラブツーリズム
期間:2018年03月~
料金:29,900 円 ~ 36,900 円
目的地:奈良公園・東大寺(修二会行事「お松明」拝観・約180分)
出発地:東京23区 
日数:1泊2日

 

◇プラン名:<ウォーキング>『★1名1室同旅行代金★奈良東大寺修二会と山の辺の道ウォーキング 2日間』 【東京駅出発】

旅行会社:クラブツーリズム
期間:2018年03月~
料金:39,900 円 ~ 39,900 円
目的地:東大寺(二月堂「修二会」拝観)–奈良・奈良ワシントンホテルプラザ(泊)
出発地:東京23区、神奈川県
日数:1泊2日

 

◇プラン名:『週末出発限定 東大寺二月堂「お水取り」と伊勢神宮外宮・内宮両参り なばなのイルミネーション 大和地鶏のすきやきもご用意 2日間』コース情報 

1名1室同旅行代金【東京駅出発】
旅行会社:クラブツーリズム
期間:2018年03月~
料金:39,900円 ~ 42,900円
目的地:三重県、奈良県 東大寺二月堂(修二会行事「お松明」拝観へご案内)
出発地:東京23区、神奈川県
日数:1泊2日

 

◇プラン名:『京都と奈良の10の世界遺産めぐりと 東山花灯路・東大寺・二月堂「お水取り」3日間』コース情報:1名1室同旅行代金 【羽田空港出発】

旅行会社:クラブツーリズム
期間:2018年03月~
料金:49,900円 ~ 49,900円
目的地:京都府、奈良県 東大寺・二月堂(修二会行事「お松明」拝観)
出発地:東京23区
日数:2泊3日

 

◇プラン名:『奈良・西ノ京・斑鳩・飛鳥を代表する13の名所へ 7つの世界遺産と6つの神社仏閣・史跡を巡る3日間』 コース情報:1名1室同旅行代金【東京駅出発】

旅行会社:クラブツーリズム
期間:2018年02月 ~ 2018年04月
料金:49,900円 ~ 59,900円
目的地:奈良県 東大寺二月堂-
出発地:東京23区
日数:2泊3日

 

 

お水取り(東大寺二月堂修二会)の耳寄り情報

こちらではお水取りを参拝される方に耳寄りな情報をお伝えします。

お松明を見るには、2か所見る場所がある

◇東大寺二月堂前の広場

約3000人から4000人が立ち見で見ることができます。

◇第二拝観席

東大寺二月堂前よりも約200m離れた場所にあります。

 

お松明は12日が混雑する

◇平日がおすすめです。人数も少なく東大寺二月堂前で間近に火の粉を浴びれます。

ただ平日といえどもとんでもなく多い日に当たる場合もあります。

本番の12日は東大寺二月堂前の広場には普段の10倍近い見物客が入るので大混雑する。

本番の12日は東大寺二月堂前の広場に入るには夕方の17:00までに誘導路に並ぶと、広場に入れるかもしれませんが、18:00を過ぎると広場に入ることはほぼできません。

◇12日は多くの見物客が来るため、東大寺二月堂広場前に入れても、警察から後続の見物客と入れ替えをされ第二拝観席に誘導させられます。

 

お松明の拝観の時はトイレを先に済ませる

◇3月のこの時期は冷えますので、トイレは先に済ませて、できればお松明の間はいかないでよいようにしましょう。

その理由は見物客が多くてトイレまで行くのも一苦労するからです。

 

火の粉による服の破損や怪我には十分注意する

◇東大寺二月堂のお松明の火の粉を真下で見る場合は、服に火の粉が付いて穴が開くことがあるのでしっかりとカバーかガードをして行ってください。

火の粉が目や髪の毛や顔に直接飛んできて怪我をするかもしれないので、火の粉には十分気をつけて見物してください。

 

まとめ

今回の東大寺二月堂修二会のお水取りはいかがでしたでしょうか。

仏教行事の修二会はもっと複雑で丸二週間ほどかかる仏教行事ですが、

参拝者向けにお松明とお水取りという二つのわかりやすい行事が用意されています。

大変人気のある東大寺二月堂修二会のお水取りをあなたも一度体験してみてはいかがでしょうか。

イベントの最近記事

  1. 【地域別】関東で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

  2. 【地域別】九州地方で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

  3. 【地域別】中部地方で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

  4. 【地域別】北海道・東北で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

  5. 【地域別】関西で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。