知ってるだけでほんのちょっぴり、500円分くらい得した気分になるニュースやネタの裏側を紹介

  1. イベント
  2. 58 view

悲しくも美しい淡嶋神社の『雛流し』!ひな祭りは子供と一緒に参加しよう

みなさんの中でほとんどの人は雛祭りを知らない人はいないでしょう。

お内裏様やお雛様が飾られている姿を見ると本当に心が和みますよね。

ところが日本には雛祭りで飾った大事な雛人形を海に流してしまうとんでもない習慣がある神社があります。

それが今回ご紹介する淡嶋神社の雛流しという行事です。

雛流しとは何ともやりきれない名前ですが、では淡嶋神社の雛流しとは一体どんな行事でしょうか。

 

『雛流し』はどんな祭りなのか?その歴史は?

淡嶋神社 雛流しの歴史

淡嶋神社 雛流し(あわしまじんじゃ ひなながし)とは毎年3月3日に和歌山県和歌山市加太淡嶋神社と近くの海岸で行われる三艘の小舟に雛人形を乗せてお祓いをする行事です。

淡嶋神社の雛流し始まりは中国で3月3日、または3月初めに水辺でお祓いの行事があったものが起源であり、それが日本に伝わってきたとされています。

当初は雛形に罪や穢れを託して水辺に流すことでお祓いをする儀式でした。

その後雛形の人形を装飾するようになり現在の雛人形の元になり、やがて女児の祭りに変化してきました。

また平安時代末期頃から現在の雛祭りになり3月3日に固定化されて雛壇や雛人形などの形式が整えられていきます。

このようなことから 雛流しが先で雛祭りが後から整えられた事が歴史的な流れです。

 

淡嶋神社 雛流しの行事の内容

淡嶋神社の 雛流しの行事の大まかな内容は雛人形が奉納されている拝殿の前で保育園児による雛祭りの歌の合唱から始まります。

続いて巫女さんが三艘の小舟に形代と雛人形を積み込み小さな千羽鶴を雛人形の上にまきます。

そして三艘の小舟を雛流しをする海岸まで女性たちが担いでもらい運びます。

この時小舟を担げるのは女性たちだけであり、男性は担げません。

海岸までの道中を宮司さんが先頭を歩いてお祓いをしながら進みます。

桟橋まで小舟を運び終えると宮司さんがお祓いと祭文を読み上げ、巫女さんが何度も千羽鶴をまきます。

三艘の小舟を海に流して、桟橋では園児たちがいつまでも手を振り続けます。

小舟はある程度沖に流されると大きな漁船に回収され、その後浜辺で三艘の小舟と雛人形は焼納され神の国へ旅立たれす。

感動的のあまり涙を流す人も絶えない祭りです。

※雛流しは3月の初めに開催されるので、まだ寒さが残っているので、暖かい服装でお出かけください。

 

『雛流し』の日時・場所・アクセス方法

こちらでは2018年淡嶋神社 雛流しの日時・場所・アクセス方法をご紹介します。

『雛流し』の日時(毎年3月3日)

◇日程2018年3月3日(土)

◇開催時間(開門9:00~閉門17:00)

・雛納祭:12:00~ 

①修祓の儀(清めの御祓)②神饌の儀(お供え物を神に捧げる)③宮司祝詞④神饌を撤す⑤宮司一拝

・納船:12:30~

⑥形代を舟につむ⑦雛を舟につむ⑧女性に舟が担がれ雛流しを行なう場所まで運ばれる。

・雛流し本番:13:10~

⑨修祓の儀⑩宮司祝詞⑪巫女により、桃の花、菜の花が舟につまれる⑫白木の三艘の小舟を海に流し、その時千羽鶴が巫女によりまかれる。⑬みんなで手を振って見送る(公式な行事はここまでです)

[aside type=”normal”]その後漁船で小舟が回収された後、浜辺で小舟と雛人形が焼納されます。(こちらは非公式のようです) [/aside]

 

『雛流し』の場所

◇会場:和歌山市加太淡嶋神社と海岸(海岸は神社から700m離れています)

住所:和歌山県和歌山市加太118

◇問合せ:和歌山市加太淡嶋神社社務所

◇電話:073-459-0043

 

『雛流し』へのアクセス方法

◇電車でお越しの方

南海加太線「加太駅」→徒歩20分→淡嶋神社

◇お車でお越しの方

昭和自動車道 和歌山北ICか和歌山IC→淡嶋神社

 

『雛流し』の駐車場事情

タイムズ淡嶋神社 営業時間9:00~17:00 15台収容 60分400円

◇タイムズ加太友ヶ島港 24時間営業 9台収容 一日500円

◇加太海水浴場 多目的広場駐車場 営業時間9:00-17:00 500台収容 1日500円

※無料駐車場は見当たりませんでした。

 

 

『雛流し』の見どころや楽しみ方

こちらでは淡嶋神社 雛流しの見どころやその他の楽しみ方をご紹介します。

雛流しの発祥の場所である淡嶋神社ですが、淡嶋神社には雛流しだけではなくもう一つ有名な顔があります。

現在の淡嶋神社は人形供養で日本でも有名な神社なのです。

淡嶋神社には日本全国から雛人形だけではなく、大量のありとあらゆる種類の人形が送られてきます。

また淡嶋神社では全国から送られてきた膨大な数の人形を常時境内に奉納しており、その数は約20000体ともいわれています。

実はあまりにも多い人形の数に今や淡嶋神社は、心霊スポットとしてマスコミや人形マニアの間では一大聖地と化しているのです。

しかも2016年のハロウィーンで淡嶋神社はユニバーサル・スタジオ・ジャパンが開催したハロウィーンイベント「ハロウィーン・ホラー・ナイト」においてとんでもないことをやってしまいます。

それは淡嶋神社に供養のための奉納されていた数百体の人形をハロウィーンイベントに貸し出してしまったのです。

このことから淡嶋神社はネット上で大騒ぎになってしまいました。

つまりそれだけ半端ではない人形の数と種類を淡嶋神社には奉納されています。

人形の種類も雛人形から日本人形、フランス人形やその他世界中の人形、さらにはぬいぐるみや招き猫などの動物の人など数えきれない数の人形がいます。

また人形だけではなく世界中の民芸品も飾られており、もはや神社ではなく古美術センターの様相を呈しています。

現在でも淡嶋神社は人形の供養を年中受け付けているので、数年後は置き場所がどうなってしまうのか心配になるほどです。

淡嶋神社には雛流しだけではなく、人形好きには一日いても飽きない程の人形が待ち構えていますので、雛流しにお越しの際はぜひこちらもお楽しみください。

 

『雛流し』にツアーはあるのか?

直接淡嶋神社を目指すツアーはありませんでした。

加太淡嶋温泉

淡嶋神社にお立ち寄りの際にはぜひ加太淡嶋温泉にもお立ち寄りください。

場所は淡嶋神社から直ぐ近くであり、南海電鉄加太駅下車して約1kmの所にあります。

いにしえより「潟見の浦」と『万葉集』にもうたわれた事もある風光明媚な場所にある温泉地です。

温泉地にはホテルや民宿が約6件ほどあり、宿泊も可能です。

また温泉だけではなく目の前には紀淡海峡、加太湾があり一年中釣り客で賑わっています。

釣り好きにはたまらない穴場スポットです。

 

 

淡嶋神社は恋愛成就で有名なパワースポット!?

淡嶋神社は雛流し、人形供養で有名な神社ですが、縁結び、恋愛成就のパワースポットとしても大人気な場所です。

パンツを奉納する神社

ところがそんな恋愛系の今時の神社かと思いきや一瞬ドキッとする張り紙を見つけることになります。

その張り紙には何と「下着を納められる方は格子の中に投げ入れてください。」と書かれているのです。

えっ下着?と誰でも思うのではないでしょうか。

実は淡嶋神社のもう一つの違う顔は安産・子請授・婦人病等など女性特有の願いを叶えてくれる場所でもあります。

格子の中を覗いてみるとビニール袋に入れたパンツの山々があり、初めてみた人は、間違いなく引くでしょう。

またビニール袋に入れられたものだけではなく、脱ぎ捨てのパンツも投げ込まれており、

防犯上大丈夫かなと心配になるくらいです。

 

絵馬と共にパンツもぶら下げてある

淡嶋神社ではパンツを奉納する場合には願いを書いた絵馬と一緒に奉納することになっており、奉納場所には絵馬と共に膨大な数のビニールに入れられたパンツがぶら下げてあります。

絵馬の願いを読んでみると「子宮の病気が治りますように」、「どうか子どもが授かりますように」、「子供が元気で安産で生まれてきますように」など心の底から女性が祈っていることがわかり心打たれるものがあります。

ただあまりの量の多さにさながら女性の下着売り場に入り込んだような気になるので、男性がここに来るとみなさん目のやり場に困り、口数が減るそうです。

女性の方で本気で悩んでいる方はこの機会にぜひパンツを奉納されてみてはいかがでしょうか。

 

新品のパンツが1000円で売られている

実はパンツを奉納して女性の悩みを神様に祈願出来ることを知らなかった人の為に淡嶋神社では奉納用の新品のパンツをお守り売り場で1000円で売っています。

理由は一度履いたパンツではないとご利益が無い為どうしても履いたパンツを奉納してもらいたいという神社側の考えのようです。

ということは神社のトイレで一度履き替えてから奉納してくださいということでしょうか。

考えてみれば凄い事を提案する神社ですね。

ただ日本の神社にはこのようにユニークな考えがいたる所にあるので、現代の常識とは少し違った目線になれて良いのではないでしょうか。

 

まとめ

今回ご紹介した淡嶋神社の雛流しはいかがでしたか。

雛流しは一度見ると涙が止まらなくなるくらいに心が締め付けられる切ない行事です。

本気で涙を流したいと思われる女性の方には是非ともおすすめなので、一度見物に行かれてはいかがでしょうか。

イベントの最近記事

  1. 【地域別】関東で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

  2. 【地域別】九州地方で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

  3. 【地域別】中部地方で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

  4. 【地域別】北海道・東北で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

  5. 【地域別】関西で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。