知ってるだけでほんのちょっぴり、500円分くらい得した気分になるニュースやネタの裏側を紹介

  1. イベント
  2. 2 view

岐阜県・飛騨の「古川祭」。その歴史や見所を紹介

みなさんこんにちは。

今回は岐阜県の古川祭をご紹介します。

古川祭には日本の祭りのいろんな要素が入っています。

では古川祭とはどんな祭りでしょうか。

 

古川祭どんな祭りなのか?その歴史は?

こちらでは古川祭の歴史や祭りの内容についてご紹介します。

〇歴史

古川祭の起源は現在のところよくわかってはいません。

ただ古川祭に使用されている「屋台」は1776年(安永5年)には文献に登場していました。

さらに「起こし太鼓」は屋台から遅れる事1831年(天保2年)に登場しています。

古川祭の開催時期は元々は9月上、中旬に開催されていました。

ところが1886年8月頃に疫病が猛威を奮います。

結果古川祭は開催時期を11月にずらして開催しました。

その後1887年(明治20年)に古川祭は春祭に変わり、開催日も4月16日、17日になります。

そして2年後の1889年(明治22年)に現在の開催日に決まります。

「古川祭の起し太鼓・屋台行事」は1980年(昭和55年)には国の重要無形民俗文化財に指定されます。

古川祭はついには2016年(平成28年)に他の日本の33件と共に「山・鉾・屋台行事」の中の1件として、ユネスコに無形文化遺産に登録されました。

 

〇古川祭はどんなまつりか

古川祭は毎年4月19日と4月20日の2日間の日程で行われる岐阜県飛騨市古川の祭りです。

古川祭のメインは4月19日です。

そして4月19日は大きく分けて朝昼晩3つの行事が行われます。

まず朝は屋台行列があり、この時屋台では子ども歌舞伎やからくりが奉納されます。

次に昼には御神幸行列があり、羽織袴や時代物の衣装を着た市民が街を練り歩きます。

して夜にはメインイベントの起こし太鼓が行われます。

そして次の日にはもう一度屋台行列と、御神幸行列が行われます。

 

古川祭の日時・場所・アクセス方法

こちらでは2018年古川祭の日時、場所、アクセス方法をご紹介します。

 

〇日時

◇開催期間:2018年4月19日(木)~20日(金)(※毎年4月19日、20日)

◇例年のスケジュール

4月19日

・8:00~16:00 屋台行列(子供歌舞伎・からくり奉納・曳き揃え・その他奉納など)

・9:30~奉幣祭

・12:00~神幸祭(獅子舞奉納・闘鶏楽(とうけいらく)奉納)

・13:00御神幸行列、宮本祭

・19:00~夜祭

20:00~24:30起し太鼓(古川祭のメインイベント)

 

4月20日

・8:00~19:30屋台行列(子供歌舞伎・からくり奉納・曳き揃え・その他奉納など)

・8:30~16:00御神幸行列

 

〇場所

◇住所:岐阜県飛騨市古川町上気多1297

◇会場:気多若宮神社 飛騨市古川市街地 

〇アクセス方法

◇電車:JR飛騨古川駅→徒歩→約5分

※毎年19日の夜から飛騨古川-高山間で臨時列車が運行されます

◇車:東海北陸道飛騨清見IC→(県道90号経由)→車約25分

〇駐車場

◇無料駐車場あります 

※交通規制が敷かれますので、なるべく公共機関を利用ご利用ください。

〇問い合わせ

◇岐阜県飛騨市古川町飛騨市観光協会

電話:0577‐74‐1192

 

古川祭の見どころや楽しみ方

こちらでは2018年古川祭の見どころや楽しみ方をご紹介します。

〇日本三大裸祭りの一つ「起こし太鼓」

古川祭の一番の見どころは起こし太鼓です。

起こし太鼓とはやぐらの上に直径約80㎝の大太鼓が乗せられています。

その大太鼓の上に二人の男衆が逆方向を向いて座り、太鼓を叩きます。

この大太鼓の上に乗れるのは1回の祭りで二人だけであり、大変名誉なことです。

〇子供歌舞伎

古川祭のもう一つの見どころは子供歌舞伎です。

子供達が白虎台に乗り、歌舞伎の演目「牛若丸と弁慶」を演じます。

子供達の動きがお人形さんのように可愛いのでつい微笑ましくなります。

あまりの可愛らしさにもし自分の子供が演じていたら、涙が出るくらい感動するでしょう。

〇古川祭の発祥「気多若宮神社」はアニメ「君の名は。」の舞台だった

実は古川祭が行われている気多若宮神社は2016年に大ヒットしたアニメ「君の名は。」の舞台の一つです。

「君の名は。」のファンの人はアニメの聖地気多若宮神社巡りをおすすめします。

 

古川祭にツアーはあるのか?

こちらでは2018年古川祭行きのツアーをご紹介します。

①プラン名:冬こそ飛騨路 飛騨古川 早トク30  八ッ三館

旅行会社:JR東海ツアーズ

期間:2017/12/01 ~ 2018/03/30(参考資料)     

料金:34,800円 ~40,200円

目的地:JR飛騨古川駅→徒歩→約5分

出発地:東京・品川・新横浜・小田原の各駅

日数:1泊2日

 

直接古川祭へのツアーがありませんでしたのでフリープランをご紹介します。

 

②プラン名:【大阪発】冬こそ飛騨路♪桜庵SP!往復直通ひだ号利用!朝夕2食付<飛騨花里の湯 高山桜庵>1泊2日

旅行会社:阪急交通社

期間:2018/2/13~2018/3/29(参考資料)

料金: 18,400~23,600円

目的地:東海/岐阜県 JR高山駅→(21分)→JR飛騨古川駅→徒歩→約5分

出発地:大阪府他

日数:1泊2日

 

③プラン名:【大阪発】冬こそ飛騨路♪往復直通ひだ号で行く!朝食付<ホテルアソシア高山リゾート>1泊2日

旅行会社:阪急交通社

期間:2018/2/13~2018/3/30(参考資料)

料金: 15,900~18,600円

目的地:東海/岐阜県 JR高山駅→(21分)→JR飛騨古川駅→徒歩→約5分

出発地:大阪府他

日数:1泊2日

 

④プラン名:【大阪発】冬こそ飛騨路♪往復直通ひだ号で行く!朝食付<宝生閣>1泊2日

旅行会社:阪急交通社

期間:2018/2/13~2018/3/30(参考資料)

料金:15,000~22,200円

目的地:東海/岐阜県 JR高山駅→(21分)→JR飛騨古川駅→徒歩→約5分

出発地:大阪府他

日数:1泊2日

 

⑤プラン名:【大阪発】冬こそ飛騨路♪往復直通ひだ号で行く!朝夕2食付<本陣平野屋 別館>1泊2日

旅行会社:阪急交通社

期間:2018/2/13~2018/3/31

料金:21,600~36,900円

目的地:東海/岐阜県 JR高山駅→(21分)→JR飛騨古川駅→徒歩→約5分

出発地:大阪府他

日数:1泊2日

 

古川祭の耳寄りな情報と注意点

こちらでは2018年古川祭に耳寄りな情報と注意点をご紹介します。

〇古川祭の後に寄れる日帰り温泉

◇すぱーふる

・住所 岐阜県飛騨市古川町黒内1407  

・電話  0577-75-3111

・営業形態 日帰り温泉

・営業時間 10:00~21:00 ※毎週水曜日、第一火曜日(水曜日が祝祭日の時は営業)

・料金   大人(中学生以上) 600円/小学生 300円

・アクセス 

◎気多若宮神社→すぱーふるまで車20分

・駐車場 無料(約100台)

 

◇割石温泉

・住所 岐阜県飛騨市神岡町割石291

・電話 0578-82-0988

・営業形態 日帰り温泉

・営業時間 10:00~21:00

・料金   一般410円、12歳未満160円、6歳未満100円

・アクセス

電車 JR飛騨古川駅→車で40分

車  東海北陸道飛騨清見IC→車60分

   高山清見道路高山IC→車50分

   北陸道富山IC→車50分

◎気多若宮神社→割石温泉まで車45分

・駐車場 あります

 

◇飛騨古川温泉 たんぼの湯

・住所 岐阜県飛騨市古川町本町2−57

・電話  0577-73-2014

・営業形態 日帰り温泉

・営業時間 11:00~21:00

・料金   500円

・アクセス

電車 飛騨古川駅→徒歩3分

◎気多若宮神社→飛騨古川温泉 たんぼの湯まで車7分

・駐車場あります 8台 

 

〇古川祭での服装について

4月の後半の飛騨市はまだ寒いので温かい服装で出かけられることをおすすめします。

 

まとめ

みなさん 今回ご紹介した古川祭はいかがでしたか。

起こし太鼓や子供歌舞伎や御神幸行列などがあり盛りだくさんです。

みなさんもぜひ古川祭に遊びに行ってみませんか。

 

イベントの最近記事

  1. 【地域別】関東で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

  2. 【地域別】九州地方で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

  3. 【地域別】中部地方で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

  4. 【地域別】北海道・東北で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

  5. 【地域別】関西で絶対に行くべき4月の祭り&イベント5選【2018年度版】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。